toggle
2020-02-23

2/23 新型コロナウィルスについて

日本は武漢と同じようになるのだろうか。それ以上になるのだろうか、東京は人口密度が高い。

当局に捕まる恐怖。自分も感染するかも知れないと声を震わせ、命をかけてアップした青年の動画。彼の消息は途絶えたまま。防護服に身を包んだ看護師はカメラに静かに強く語りかける。物資が足りない、外に出ないでと。彼女はまだ生きているのだろうか。感染して死の淵から戻った医師はベットの上から訴える。恐れず準備しなさいと。早く戻って治療がしたいと。

日本では利権の為に使われない検査キット。政治家や官僚のおぞましさ。人の片隅にある不安は楽しさや忙しさで過ぎる時間と一緒に流れて、ふと思う、きっと自分は大丈夫と。そんな風景は封鎖前の武漢と同じようにみえる。中国の人たちはそう言っている。

このウィルスは「感染力がとても高い」。人が話す時、その息の中に潜んでいるかのよう。感染してもすぐには発症せず、みんな自分は大丈夫と、気づかぬうちにたくさんの人にうつしていく。死亡率、重症化率が低くても、分母が多くなれば分子も増える。巧妙に仕掛けられたトラップのようだ。

病院には何十、何百という人が押し寄せ、医師も看護師も次々に感染。検査も治療も受けられず、息が苦しいと助けを求める人で溢れかえる。人も物資も足りない中、助けられない絶望感と疲労の中で、途方にくれることもできず、ただただ目の前の患者を助けようと必死に手を施す。

そんな風にはならないだろう、大丈夫。いや、そんなことはない、状況は悪くなるばかりと、頭の中で行ったり来たり。ニュースでは検査を受けたタクシーの運転手が取材を受けていた。感染のあった屋形船にのっていた。カメラの回る、その最中に陽性の結果が電話で知らされる。数日後、取材したテレビクルーも発症。そんな偶然があるのだろうか。

自分のツイートをたどってみる。このウィルスについて初めて投稿したのが、ちょうど、ひと月前の1月23日。携帯で撮影された、武漢の病院と思われる映像をリツイートしていた。言葉は分からないが、ちゃんと並んでと言っているのか、人が押し寄せる病院の中で看護師が何度も大きな声で叫んでいた。

関連記事